タグクラウド

2008年05月23日

DovecotのPOP3ログの見方

DovecotのPOP3サーバが出力するログの説明です。
メール受信がうまくいかない場合の問題の切り分けを想定しています。


POP3サーバに接続、なにもせずに切断した場合:

dovecot: pop3-login: Aborted login: rip=192.168.1.254, lip=192.168.1.1


ユーザー名またはパスワードが誤っている場合:
何もせずに切断した場合と同じ"Aborted login"だが、ユーザー名が表示される。

dovecot: pop3-login: Aborted login: user=<username>, method=PLAIN, rip=192.168.1.254, lip=192.168.1.1


処理が正常終了した場合:
"Logged out"はQUITコマンドにより正常終了した場合のみ表示される。

dovecot: pop3-login: Login: user=<username>, method=PLAIN, rip=192.168.1.254, lip=192.168.1.1
dovecot: POP3(username): Disconnected: Logged out top=0/0, retr=1/471, del=0/1, size=455


ログイン後に何らかの原因で切断した場合:
"Disconnected"表示。正常終了の場合と異なり"Logged out"表示が無い。

dovecot: pop3-login: Login: user=<username>, method=PLAIN, rip=192.168.1.254, lip=192.168.1.1
dovecot: POP3(username): Disconnected top=0/0, retr=0/0, del=0/1, size=455


rip
クライアントのIPアドレス

lip
Dovecotを実行しているサーバのIPアドレス

top=x/y
x: TOPコマンドの実行回数
y: TOPコマンドによりサーバから転送されたバイト数

「x回のTOPコマンドによりyバイトのデータが転送された」

retr=x/y
x: RETRコマンドの実行回数
y: RETRコマンドによりサーバから転送されたバイト数

「x回のRETRコマンドによりyバイトのデータが転送された」

del=x/y
x: DELEコマンドで削除したメールの件数
y: メールボックスに蓄積されているメールの件数

「メールボックスに蓄積されているy件のメールのうちx件を削除した」

size=nnn
POP3の処理完了後のメールボックスのサイズ(バイト)。
例えば、すべてのメールを削除して終了したら0になる。
ラベル:dovecot
posted by maeda at 01:00| 島根 | Comment(1) | TrackBack(0) | サーバ管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あの〜、wheezyでのdovecopのログファイルの在り処を知りたいのですけど…
Posted by at 2015年03月18日 09:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。