タグクラウド

2008年05月17日

Radiant CMSのアップデート方法

サーバにインストールされているRadiant CMSをアップデートしても、そのままでは以前のバージョンで作成したwebサイトでは古いRadiant CMSが使われ続けます。つまり、radiantコマンドでサイトを作成したときのバージョンが使われ続けます。

サイトで使われるRadiant CMSを更新する手順は以下の通り。http://www.radiantcms.org/download/ に記述されています。

  1. Radiant CMSのディレクトリ($RAILS_ROOT)に移動
  2. config/environment.rb中のRADIANT_GEM_VERSIONを、使いたいバージョンに変更
  3. rake radiant:update
  4. rake db:migrate RAILS_ENV=production
  5. Rails再起動
ラベル:Radiant CMS
posted by maeda at 18:28| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サーバ管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。